HOME>口コミ>どんな方法でペット供養をしたほうがいいのか早めに考えよう

どんな方法でペット供養をしたほうがいいのか早めに考えよう

人形

人間よりも小さな動物は鳥のような特殊な生物以外だと人間よりも早く死を迎えます。そのためできるだけペット供養の方法は普段から考えておきましょう。供養にもいろんなプランがあります。

クチコミ

愛犬も年をとってきたので今供養の仕方を考えています[50代 男性]

愛犬も12歳になり、食欲は旺盛なものの以前のように家の中を駆け回ることもほとんどなく、体力の衰えを感じています。小型犬の寿命は12年から15年と聞き、そろそろ供養の仕方を考えたほうが良いかと大阪のペット供養業者を調べています。葬儀にも色々な形式があり、人間のようにきちんとセレモニーが行えることも知り安心しました。やはり家族として一緒に暮らしてきたので、旅立ちの時も家族と同様に送り出してあげたいからです。愛犬がなくなることを考えるだけでも泣けてきますが、飼い主として早めに決断しておかねばならない問題です。できれば、お墓も家族と一緒に入れてあげたいので、ペットも一緒に埋葬できる墓地も購入すべきなのかなと考えているところです。

亡くなってからは何も考えられそうにないので早めに決める予定です[40代 女性]

家は子供がいないため、愛犬を子供のようにかわいがってきました。しかし、15歳と高齢であるうえ、最近は痴ほうの症状も出てきているので、いつ亡くなってもおかしくないという覚悟はしています。人生の生きがいでもあり、亡くなってからは何も考えられそうになく、葬儀の方法も早めに決めておこうと大阪のペット供養業者のリサーチを始めました。共同火葬もあるようですが、やはり個別火葬でしっかりと式もとり行い、親しい友人にも出席してもらいたいです。あと、お骨をペンダントやキーホルダーにして身につけられるようにしてくれる業者もある様なので、気になっています。最後まで飼い主として責任をもって見届けるためにも、信頼できる業者を選びたいです。