HOME>イチオシ情報>ペット供養の仕方は人それぞれ~行われている供養の方法~

ペット供養の仕方は人それぞれ~行われている供養の方法~

花

ペット供養の方法とは

ペットとは言え、共に人生を過ごした大切な家族。ひと昔前は庭にお墓を掘って、というのが定番でした。しかし、共同住宅が主流になっている大阪など都市部の住宅事情、少子化などの家族構成の変化などからペット供養にも今、個人の価値観やライフスタイルによってさまざまな選択肢が増えています。火葬までは、ペット専用の葬儀社などに任せるという選択肢が主流ですが、火葬後のお骨をどうするか、というのは人それぞれなようです。ペット霊園やペットの墓地に埋葬する人はそれほど多く無く、大半が自宅に持ち帰り保管しています。最近はペットと一緒に入れる人間のお墓も増えているので、いつの日か自分と同じお墓に入れる事を望んでいる人もいるそうです。

墓

メモリアルグッズを作ることも可能

その他、未だはっきりした方針は決まっていないけど、手放すに忍びず骨壺を手元に置いている人も多く、将来的に何等かの決断をする必要ありそうです。大阪のペット葬儀社や霊園では、メモリアルグッズを作るサービスを行っている業者もあり、新しいペット供養の形態として定着しつつあります。メモリアルグッズの種類も、分骨してカプセルの中に入れるネックレスや、飼っていたペットの遺影をデザインしたメモリアルスタンド、インテリア風の祭壇など様々なバリエーションがあります。納骨は必要だと分かってはいても、離れるのは寂しいとそのままになっている人ような飼い主の方々には、メモリアルグッズを一つ手元に置くことで共同霊園や納骨堂へ預ける心の区切りが付けられます。